特定取引情報


分かりやすいテキストCDで、自宅でマスター!

業界ナンバーワンのオートCADと、フリーソフトナンバーワンのJWCAD、この二つのCADが操作できれば、CADはこれでOK!


また、CADに絶対不可欠な図面・製図テキストも付き、これで万全です♪



さらに、質疑応答集が付いていて、あなたの疑問もこれで解消!

おまけに、PDF図面集が付いています♪
これを見るだけでも、CADのレベルアップ間違いなし!





Auto CAD LT/ JW CAD / 図面製図

CAD・図面学習用CD−ROMテキスト


Auto CADテキスト内容

第1日目 Auto CAD LTの概略     

1. LT2002の初期画面
2. マウスの操作方法
3. コマンドの選択方法
4. オプションの設定
5. ツールバーの表示
6. AutoCADの約束事
7. ヘルプとアクティブアシスタンス
第2日目 図面枠の作成・線種のロード     

1. 作図単位・図面範囲の決定
2. 図面枠の作成
3. 線種の設定
3−1.線種の設定
3−2.線種の尺度設定
4. 図面の保存(名前を付けて保存)
5. AutoCADの終了
第3日目 文字スタイル・画層の設定     

1. 文字スタイルの設定・作成
2. 画層の設定
2−1.画層について
2−2.画層の作成
2−3.画層プロパティ管理ウィンドウについて
2−4.画層を使っての作業
3. 図面の保存(上書き保存)
第4日目 寸法スタイルの設定・作成     

1. 寸法スタイルの設定
2. 寸法スタイルの新規作成

第5日目 テンプレートファイルの作成     

1. テンプレートファイルについて
2. テンプレートファイル形式で保存する前に
3. テンプレートファイル形式で保存
4. 他の用紙サイズのテンプレートファイルを作成する
5. 他の縮尺のテンプレートファイルを作成する
6. テンプレートファイルの位置設定
7. テンプレートファイルの使い方
第6日目 寸法記入     

1. 寸法の種類
2. 寸法記入

第7日目 寸法の編集     

1. 寸法編集アイコン
2. その他の寸法編集の方法
3. 自動調整寸法について
4. 自動調整寸法の設定方法

第8日目 コマンドの学習1     

1. Oスナップ
1−1.Oスナップの設定
1−2.Oスナップの種類
2. オブジェクトの選択方法
3. 画面表示の操作1
3−1.拡大・縮小
3−2.ズームコマンドの使い方
4. 画面表示の操作2
4−1.画面移動
4−2.画面移動コマンドの使い方
5. 画面表示の操作3
5−1.再作図・再描画
第9日目 コマンドの学習2     

1. コマンドの学習(線分・円・ポリゴン・回転・鏡像)
2. 描いてみましょう −練習問題−
第10日目 コマンドの学習3     

1. コマンドの学習(オフセット・面取り・フィレット・トリム・削除・ハッチング)
2. 描いてみましょう −練習問題−
第11日目 コマンドの学習4     

1. コマンドの学習(構築線・ポリライン・円弧・配列複写・尺度変更)
2. 描いてみましょう −練習問題−
第12日目 コマンドの学習5     

1. 図面の修正コマンド
2. オブジェクトの編集コマンド
第13日目 コマンドの学習6     

1. リージョン
2. オブジェクト情報
3. クリップボードへのコピー/貼り付け
4. 図面ユーティリティ
5. その他のコマンド

第14日目 ブロック・グループ     

1. ブロック
1−1.ブロックとは
1−2.ブロックを使っての作業 その1(他の図面にブロックを貼り付ける場合)
1−3.ブロックを使っての作業 その2(同一図面にブロックを貼り付ける場合)
2. 外部参照
2−1.外部参照とは
2−2.外部参照を使っての作業
3. グループ
3−1.グループとは
3−2.グループを使っての作業

第15日目 文字記入・文字編集     

1. テキストツールバーについて
2. マルチテキスト
2−1.マルチテキストの操作方法
2−2.マルチテキストエディタ ウィンドウについて
2−3.スタック文字の記入方法
3. 1行文字
4. 文字編集の操作方法
5. 文字検索の操作方法
6. 文字尺度変更の操作方法
7. 文字位置合わせの操作方法
第16日目 タイトルボックスの作成     

1. タイトルボックス付図面枠の作成
第17日目 モデル空間での印刷     

1. 図面枠の挿入
2. 印刷の設定
3. 印刷の実行
4. 印刷設定ウィンドウについて
第18日目 レイアウト・ペーパー空間での印刷     

1. レイアウト
2. 印刷の実行


◆質疑応答集

注)CADソフトは付いていません。推奨CADソフトAuto CAD LT2002以上。



JW CADテキスト内容

1.基本設定     

1−1 Jw_cadとは・・・?
1−2 起動と終了
1−3 画面構成
1−6 マウス・キーボードの選択方法
1−7 コマンドNO実行方法 クロックメニュー
1−10 設定方法(基本設定・寸法設定)
2.線・削除・保存      

2−1 線を引
2−6 削除方法
2−9 保存・読込み・上書き保存
3.画面表示      

3−1 拡大・全体・倍率・縮小
3−3 マークジャンプ
4.長方形・円・2線・複線

4−1 長方形の作図方法
4−4 円・楕円・円弧
4−8 2線
4−12 複線
5.文字・移動・複写・伸縮

5−1 文字入力
5−7 線と文字の属性
5−10 移動と複写
5−18 線の伸縮
5−22 コーナー
5−23 面取り
5−24 中心線
5−25 連続の線
6寸法記入

6−1 寸法設定
6−5 連続の寸法記入
6−6 一括寸法記入・円の寸法記入
6−7 角度寸法
7印刷

7−1 線色と線幅の設定
7−2 線種の設定
7−4 平面図を読み込み印刷
8包絡・パラメトリック・分割・ハッチング

8−1 包絡処理
8−2 包絡範囲と変形結果
8−5 範囲内の消去・切断した線をつなぐ
8−6 パラメトリック変形
8−9 図形の分割
8−11 ハッチング
9レイヤ・グループ操作

9−1 レイヤとは
9−11 各種属性
10図形の登録

10−1 図形登録
10−2 図形の読込み
10−3 建具の配置
10−7 線種記号
10−8 階段
11その他のコマンド・データ整理

11−1 多角形 接線と接円
11−3 曲線
11−5 ソリッド(塗り潰し)
11−12 データの整理

12日影図・透視図

12−1 直方体の日影図
12−3 切妻屋根の建物日影図
12−5 ベランダを持つ建物日影図
12−8 簡易パースの作成 直方体の透視図
12−9 切妻屋根の建物の透視図
12−10 切妻屋根の鳥瞰図
12−11 ベランダを持つ建物透視図
12ー13 円柱の透視図 立体図を立ち上げて作る透視図
12−15 窓枠の凹凸の表現方法
13平面図の作図方法

13−1 レイヤ名の設定
13−2 通り芯を作図する
13−3 壁の作図
13−4 柱の作図 
13−5 柱と壁の包絡処理
13−6 壁芯の作図
13−7 内部の壁を作図
13−8 引違戸を作図
13−9 建具回りの壁を処理
13−10 Y1上の引違戸を作成
13−11 廊下の片開き戸を作成
13−12 他の片開き戸を作図
13−13 階段の作図
13−14 寸法の記入
13−15 インテリアの配置
13−16 トイレを作図
13−17 部屋名を記入
13−18 データを整理し保存する
13−19 ハッチング 
13−20 通り芯符号の作図


◆質疑応答集

注)CADソフトは付いていません。JW CADは無料にてネットよりダウンロードできます。



図面・製図テキスト内容

第1日目(図面の種類について学びます)      

1−1 図面とは
1−2 業種別図面
1−3 図面の種類
1−4 図面の書き方の種類
1−5 図面の中での名称
1−6 その他特殊な図面
1−7 図面の用紙サイズ
1−8 JIS規格
ヒント1−1 図面の折り方
ヒント1―2 図面の保管方法
ヒント1―3 図面の整理方法
第2日目(図面の線種・尺度・文字等について学びます)

2−1 図面に使われる線の種類
2−2 線種の使用例
2−3 線種の交差について
2−4 図面の尺度
2−5 図面の数字・文字
ヒント2―1 尺度の選び方
ヒント2―2 数字の練習について
ヒント2―3 間違いやすい数字
第3日目(第三角法について学びます)

3−1 投影法と投影図
3−2 正投影図
3−3 第一角法と第三角法
3−4 第三角法の表示方法
3−5 第三角法の利点
3−6 正面図の選び方
3−7 投影図配置のきまり

ヒント3―1 機械加工図面の方向
ヒント3―2 全体配置図と組立図の向き
第4日目(補助投影図・特殊な図示について学びます)

4−1 補助投影図
4−2 局部投影図
4−3 回転投影図
4−4 部分拡大図
4−5 二つの面の交わり部が丸みの場合の表示
4−6 相貫体の慣用図示
4−7 平面の図示
4−8 ローレット加工等の模様表示
4−9 特殊加工部分の表示
4−10 中間部の省略図
4−11 対称図形の省略
4−12 繰返し図形の省略
ヒント4―1 省略図について
ヒント4―2 オリエンテーションとエレベーション
ヒント4―3 対象品製作の場合は
第5日目(各種断面図について学びます)

5−1 全断面図
5−2 片側(半)断面図
5−3 部分断面図
5−4 回転図示断面図
5−5 組合せによる断面図
5−6 薄物の断面図
5−7 材料の断面表示
5−8 断面図のハッチング
5−9 断面表示しないもの
ヒント5―1 断面図の書き方のコツ
ヒント5―2 断面図にしてはならないもの
ヒント5―3 断面図の配置場所に注意
第6日目(寸法記入について学びます)

6−1 寸法記入の基本注意事項
6−2 寸法線・寸法補助線・端末記号・寸法補助記号
6−3 寸法の記入方法
6−4 寸法記入の基本原則 
6−5 種別の寸法記入
ヒント6―1 寸法の悪い入れ方
ヒント6―2 寸法チェックの方法
第7日目(寸法記入の続きを学びます)

7−1 各種の穴の寸法記入
7−2 直径・半径の寸法記入
7−3 球の直径・半径の寸法記入
7−4 正方形の寸法記入
7−5 面取りの寸法記入
7−6 キー溝の寸法記入
7−7 テーパ・こう配の表し方
7−8 建築図のこう配の表し方
7−9 作図線を用いた寸法記入法
7−10 図形と寸法が一致しない寸法記入
ヒント7―1 穴表示の仕方
ヒント7―2 4×8−10キリの意味
ヒント7―3 φの使い方

第8日目(寸法記入の残りと表示記号を学びます)

8−1 寸法の配置
8−2 寸法の変更
8−3 組立基準線
8−4 高さ位置の記号
8−5 表示記号
8−6 リベット・ボルトの表示記号
ヒント8―1 丸照合(○)の入れ方
第9日目(鋼材について学びます)

9−1 鋼材の種類
9−2 鋼管の種類
9−3 パイプの呼び称と外形寸法
9−4 鋼板
ヒント9―1 呼び方を覚えましょう
ヒント9―2 小さいリブなどの小物は平鋼を使用
ヒント9―3 エキスパンドメタルは取り付け方向に注意
ヒント9―4 ウェブとフランジ
第10日目(鋼材の続きを学びます)

10−1 形鋼の断面特性
10−2 形鋼の継手方法
10−4 その他の材料記号
10−3 鉄鋼材料記号
10−5 非鉄の材料記号
ヒント10―1 形鋼の選び方
ヒント10―2 ゴミ・水などの溜まりに注意
ヒント10―3 荷重方向に注意
ヒント10―4 鋼板の定尺寸法に注意
ヒント10―5 輸送について
ヒント10―6 鋼材の比重は7.85
ヒント10―7 部材は引っ張り材として考える
ヒント10―8 トラス構造
ヒント10―9 部材記号
第11日目(溶接について学びます)

11−1 溶接の種類
11−2 溶接継手の種類
11−3 溶接継手の説明線
11−4 溶接記号
11−5 溶接記号の構成
11−6 溶接記号の記入例
ヒント 11−1 溶接記号これだけは覚えましょう
ヒント 11−2 溶接はなるべくすみ肉溶接で
ヒント 11−3 溶接の説明は注記で
ヒント 11−4 板厚変化の大きい部分の溶接は避ける
第12日目(ねじについて学びます)

12−1 ねじの種類
12−2 ねじの表し方
12−3 ねじ製図
ヒント12―1 ねじ穴表示の仕方
ヒント12―2 めねじはなるべく貫通
ヒント12―3 ボールねじ
ヒント12―4 穴あけの注意
第13日目(各種ボルトを学びます)

13−1 ボルトの種類
13−2 ボルトの呼び方
13−3 座金
13−4 ボルト・ナットの図示方法
13−5 ボルト穴径とザグリ径の寸法
ヒント13―1 ボルト長さの計算方法
ヒント13―2 ボルトの種類・サイズは少なく
ヒント13―3 ボルト・ナットの簡易表示
ヒント13―4 高力ボルト
ヒント13―5 オールアンカー、ケミカルアンカー
ヒント13―6 ボルト取付部の注意点
ヒント13―7 押しボルトは全ねじ

第14日目(寸法公差について学びます)

14−1 寸法公差とは
14−2 寸法公差の表示
14−3 普通許容差
14−4 IT基本公差
14−5 はめあい
14−6 はめあい方式
14−7 はめあい記号の記入
14−8 はめあいの選択
14−9 常用するはめあいの例
ヒント14―1 はめあいの寸法許容差表の単位に注意
ヒント14―2 長軸で全加工の場合はミガキ棒鋼を考える
ヒント14―3 しまりばめの組立ては?
ヒント14―4 公差の数字はなるべく記入
ヒント14―5 公差はなるべく穴基準方式で、特殊なものは避ける
第15日目(幾何公差について学びます)

15−1 幾何公差とは
15−2 幾何公差の種類と記号
15−3 公差域
15−4 データム
15−5 幾何公差の図示法
15−6 データムの図示方法
ヒント15―1 幾何公差記入は範囲に注意しょう

第16日目(面の肌の図示法について学びます)

16−1 表面あらさ
16−2 面の肌の図示方法
16−3 中心線平均あらさ(Ra)で指示する場合
16−4 加工方法
16−5 筋目方向
16−6 各指示事項の記入位置
16−7 図面記入方法
16−8 図面記入の簡略法
16−9 仕上(▽)記号
16−10 仕上記号の図示方法
ヒント16―1 必要以上の表面加工は無駄
ヒント16―2 ▽個数の目安
ヒント16―3 ▽記号の向き
ヒント16―4 材料費と加工費
第17日目(機械要素について学びます)

17−1 沈みキー
17−2 ピン
17−3 止め輪
17−4 軸継手
ヒント17―1 キーみぞの寸法記入
ヒント17―2 新JISと旧JISキー
第18日目(機械要素の続きについて学びます)

18−1 軸受の種類
18−2 ころがり軸受の図示法
18−3 軸受の呼び
18−4 ころがり軸受ユニット
18−5 歯車の種類
18−6 歯車製図
18−7 ローラチェーンとスプロケット
18−8 ばね
ヒント18―1 軸受からのはみ出しは
ヒント18―2 CとKの違い
ヒント18―3 内径番号と5
ヒント18―4 スプロケットの位置
ヒント18―5 チェーンカバー
ヒント18―6 ラックとピニオン
第19日目(配管と建築・土木製図の概要を学びます)

19−1 配管製図
19−2 配管継手
19−3 配管系統図
19−4 建築図面の種類
19−5 土木図面の種類
ヒント19―1 JIS規格フランジのボルト穴は4の倍数
ヒント19―2 フランジのボルト孔は中心振分
ヒント19―3 並列配管はフランジの位置に注意
ヒント19―4 人間工学的に考える
ヒント19―5 階段のけあげ(ピッチ)は等分
第20日目(図面の総括とCADについて学びます)

20−1 第5日目までの総括
20−2 第6日目〜第10日目までの総括
20−3 第11日目〜第15日目までの総括
20−4 第16日目〜最終日までの総括
20−5 CADソフトは何を選ぶか?
20−6 CAD製図について
20−7 CADオペレータについて
20−8 実際の仕事について
20−9 CADの仕事はあらゆる職種に必要
ヒント20―1 バラシ、ジゴク・・!?
ヒント20―2 一般的常識



◆質疑応答集



初心者に分かりやすいテキストで好評




PDF図面集







■ 商品内容
1.AutoCADLT PDF A4−320ページ 

2.JWCAD PDF A4−180ページ

3.図面製図 PDF A4−250ページ

4.テキスト質疑応答集 PDF

5.PDF図面集(65種)

上記を1枚のCD−ROMに収録。

定価:
7,800円(税込)

送料:200円(速達クロネコメール便)


お求めはこちらから