特定取引情報



始めに


始めまして、森と申します。

一応、肩書きは零細企業の役員ですが、年金受給者でもあります。

そう、還暦をとっくに過ぎた爺でございます。

こんな高齢者の私が、このようないかがわしい(?)情報商品を作成したのは・・・。

実は、先日偶然、運転中に聞いたラジオのせいです。

それは、若い女性が競馬を始めて、わずか1年の間に万馬券を何十本も当てたという話でした。


万馬券を何十本も当てた!!


全く信じられない話でした。

実は、競馬を大学3年の1967年(昭和42年)から始め、その後、約25年間も馬券を買い続けたのです。

しかし、


その間に万馬券は一度も取ったことがありません。


学生最後の年の大晦日に取った6000円台の馬券が最高額で、それ以後、数千円の配当を得るのが精一杯でした。

その間につぎ込んだ馬券代は・・・考えると嫌になりますね。

負けが込み、いつしか競馬への情熱が冷め、競馬場へ行くこともなくなり、20年ほど前に競馬から、自然と足を洗ったのです。

それが、あのラジオで一気に競馬への関心が高まりました。


若い女性が取れるのなら俺だって・・・と、競馬の研究を再開しました。



競馬を行う環境


再開して分かったのは競馬を行う環境が、当時では考えられないくらい進歩したことです。

ネットで自宅から簡単に馬券が購入でき、オッズもリアルタイムで見られます。

以前もオッズがありましたが、オッズは馬券購入後の配当確認用に見ていたものです。

それは、オッズを見ることで外した馬券がかなりあったからです。

つまり、予想した当りの配当が思ったより少ないと別の馬券に、またオッズを見ることで判断に迷いが出て、予想以外の馬券を購入してしまうなどでした。

それゆえ、オッズは単なる投票結果の値しかないと思っていましたね。

当時の予想は競馬新聞により、タイム・調教・馬体重・パドック・騎手・レース展開・馬場状況など、様々な要素を考慮して自分なりに立てていました。


しかし、結果はたまに当たっても、最後には惨敗!


また、馬券の種類が増えたのは知っていました。

特に3連複、3連単の登場で万馬券が一気に増えたのは分かります。

ラジオの女性も多分この3連複、3連単で万馬券を取ったと思います。



分析データ


研究用の競馬分析データを探していたところ、JRAの公開データを見つけたのです。

これは凄いものを見つけたと思いましたね。

これだけのデータを自分で取得して、整理するのは物理的に不可能です。

それが、パソコン上でそのデータを間単に見る事ができます。

そのデータを分析し自分なりの購入方法を編み出し、馬券をテスト購入したところ・・・。

以前はバカにしていたオッズ分析で、


2週間後に、なんと、生まれて初めて万馬券が取れたのです♪



それも地方競馬で、しかも、万馬券が出やすい3連複・3連単でなく、枠連という地味な馬券でです。


そういえば、以前は連複、連単という馬券があり、これは枠番でした。

コンピュータがまだ採用されていなく、馬連など購入点数が多いものは計算ができなかったと思います。

馬券の購入はそれぞれ専属の枠番窓口で購入しました。

それゆえ人気のある枠番などは、締切り間際に窓口へ殺到し、馬券の購入に一苦労したものです。

この混雑の最中にスリが横行し、私も初めて貰ったボーナスをすられたことがあります。

40年以上も前のことですが、今、思い出しても腹が立ちますね!

当時は馬連・馬単・ワイド・3連複・3連単という馬券が無く、単勝・複勝・枠連だけだったのです。

それだけに万馬券は珍しく、たまに出ると競馬場が異常な興奮状態になったものです。



オッズ分析


オッズ分析を始めると、いろんな事が分かってきました。

考えてみればオッズは万人の人気のバロメータであり、一番信頼の置けるデータといえます。

過去に行っていた自分の予想は、思い込みが激しく、どうしても大穴狙いになりがちでした。

当時はレース場にて5〜7レースほどしていたのですが、前半に負けが込むと一発逆転の穴狙いとなり、傷口を更に大きくしていたような状態でしたね。


万馬券を取った後はオッズ分析のみで、ネットにて馬券を購入し続けました。

馬の名前やタイムなど全く関心がありません。

オッズのみですから、予想に迷う心配もありません。

こんな簡単な方法で良いのかと心配でした・・・。

それでも以前に比べ、かなりの成績を収めていたのですが・・・。

しばらくすると、負けが込んできました。

特に頭数の多い中央競馬ではうまく行きません。

1か月の間に地方・中央合わせて350レース以上(以前の2年分位に相当)も馬券を購入したのですが、いつしか儲けが無くなり、負けが増えてきます。

それは、考えて見れば当然のことでした。

馬券の種類を限定せず、ほとんどのレースを、まるでダボハゼのように色々な馬券に飛び付いていたのです。

たまたま万馬券が直ぐに取れたので、勝手にそれで行けると勘違いしたのが敗因です。



効率の良い馬券購入


そこで、競馬場ごとに詳細にレース分析をして、効率の良い馬券購入を探しました。

まず、レースをダートと芝に分け、それから距離・頭数ごとに細分し、それをオッズ分析にてシミュレーションします。

シミュレーションはJRAでなく、他のソフトを使いました。

始めは手作業で確認していましたが、このソフトを利用することで作業が格段に進みました。

ただ、それでも一つの購入方法を見つけるのに、数時間かかることもあり、大変な作業でしたね。

パソコンの見過ぎで目が疲れ充血し、目薬を1本使い切りました。


そして、ついに完成しました。

そして、実戦を開始したのですが・・・・

それが、うまく行きません。


考えてみれば、これは出目表みたいなもで、過去は良いのですが、これを現在のレースに当てはめるには無理があります。



オッズを加味した方法


やはり、馬のデータが一番かと思い直し、以前に行っていた分析にオッズを加味した方法を考えました。

オッズ・騎手・5走前までのタイムと着順と人気・調教タイム・血統・DM予想・体重・馬場状態・レース展開・斤量・獲得賞金・上がりタイム・厩舎実績を指数化し、その合計ポイントで馬の優劣を決めるものです。

これは、どの項目の比重を上げるかが問題でした。

影響の大きな騎手・タイム・オッズの3項目で7割、他を3割に振り分け、ポイント計算しました。

これを実戦で試したところ、そこそこの的中でしたが、手計算では馬を選出するのに大変な手間がかかります。

そこでエクセルにて計算しましたが、それでもエクセルに入力するのが大変です。

一日5レースほどを検討するだけで、数時間を要し、老骨の私には堪えましたね。

一層の事、ソフトにして、自動計算できないか色々と勉強しましたが、私のレベルではとても無理だと諦めました。

ただ、この方法もデータを重要視すればするほど、選ぶ馬が競馬新聞の本命に成りがちで、おもしろみに欠けます。

これだけ手間がかかるようなら、新聞を見たほうが早いですね。



異常オッズ


そこで、穴狙いの異常オッズに挑戦です。

時系列オッズから片寄った投票の異常馬券を見つけ、その馬を狙う方法です。

穴狙いとして、以前から注目されていた方法ですね。

ただ、これを実際に行うと全くうまくいきません。

ネット投票があまり普及していない以前は、異常オッズが有効な時もありました。

ただ、現在はパソコンさえあれば、何時でも何処でも、簡単に何回でも馬券を購入できます。


もし、私が、絶対確実に勝つ人気薄馬の情報を得たとします。

そこに大金をぶちこむ場合、はたして一度に投票するだろうか?

間違いなく、目立たないように小分けして、その馬が人気化しないようにするはずです。



そんなことで、この方法も私には向いていないので、無理だと判断しました。



オッズのみに注目


そこで改めて初心に戻り、再度、オッズのみに注目して馬券術を考えました。

オッズ以外のことを考え始めますと、予想が余りにも複雑になり、手に負えなくなります。


株は株価に聞けで、競馬はオッズに聞けです。


そして、始めに的中率の高い複勝に注目し、複勝コロガシにトライしました。

しかし、これが簡単なようでうまく行きません。

3回コロガシで一区切りをつけたのですが、途中でほとんど全滅です。

150円前後の配当はうまくいっても、200円以上の複勝馬券を購入すると、不思議と外れてしまいます。

特に2回成功し、3回目に外れるというケースが多く、結局、私には向いてないと諦めました。


次に、始めて取った万馬券の枠連に注目し、枠連を研究しました。

枠連は昔からあり馴染みの馬券です。

以前は馬連が無く、枠連だけでしたので、経験は豊富にあります。

枠連の魅力は購入点数が少なく済むことです。

特に絶対人気の枠から総流しの8点買いは結構、魅力があり、しばらくの間、そればかり狙いましたね。

しかし、競馬は難しいです。


当ってもトリガミが多く、本命が外れて大穴になることも多々ありで・・・。

そんな訳で、枠連もダメ!



更に、馬連・馬単を試しましたが、これもダメ!

当然、三連複もダメ!

ましてや三連単は始めから無理無理!!



ワイド馬券


そして、行き着いたのが配当が低くバカにしていたワイド馬券でした。


複勝の1点買いはダメでしたが、ワイドを数点購入すると以外に取れるのです。


そこで、狙いをワイド馬券に方向転換し、いかに買えば効率的か、試行錯誤を重ねました。

しかし、ワイドは的中しやすい馬券ですが、その分、配当が低くなります。


ワイド馬券を10点以上も購入していたのでは、トリガミも多く、良い結果がでません。


また、点数が多いと外れた時のダメージが大きく、それを取り戻すのが大変!

少ない点数で当てれば、多少、低い配当でも回収率はよくなります。

また、点数が少ないので、外れても比較的ダメージは少なく済みます。


そこで、ワイド買いを6点、8点、10点と3種類に分けて、実践したところ、


意外と的中率に大きな差が無く、最小買いの6点がベストでした。


これを見つけたときは、自分ながら驚きました!


てっきり、10点がもっとも良い結果になるとばかり、信じていましたからね。


このワイド6点買いに注目し、過去10年以上のデータを、様々な買い方で分析し、

また、実際に購入しながら最適な購入方法を探したのです。




GGワイド馬券術


そして、試行錯誤の末、


オッズのみで、明確・簡単に機械的に購入する方法を編み出しました。

それが、GGワイド馬券術です!



ここでGGワイド馬券術の特徴を述べますと



◆適用/除外レースの判断は一発で分かります!

◆買い目は6点のみで、条件によってはそれ以下の買いもあり。

◆オッズのみで、買い目を選出。所要時間はほんの数分!

◆三連複への応用も可能。

◆気楽にできるワイド万馬券ゲット法記載。

◆面倒な計算は一切不要!




わずか6点の購入ですが、的中率は60%以上あり、的中する喜び・興奮が味わえますね。


また、課題の回収率ですが、条件適用レースを全て行いますと、寺銭25%の法則で100%以上が難しくなります。

しかし、適用レースを絞ることにより、回収率をアップすることができます。

ちなみに3会場開催で36レースのうち、適用レースは30レースほどあります。

それをテキストに記載の条件で絞りますと、的中率が上がり、それにつれ回収率も大きく上昇します。



購入実績例


下表は2013年5月の3会場を通しで、1点100円で購入した例です。


    東京              京都              新潟

R 購入 配当 収支 R 購入 配当 収支 R 購入 配当 収支
1 * * * 1 600 460 -140 1 600 0 -600
2 600 880 280 2 600 730 130 2 600 2450 1850
3 600 0 -600 3 600 1200 600 3 600 0 -600
4 * * * 4 * * * 4 600 810 210
5 600 810 210 5 600 0 -600 5 600 1790 1190
6 600 900 300 6 * * * 6 600 0 -600
7 600 570 -30 7 * * * 7 600 0 -600
8 600 1520 920 8 600 250 -350 8 600 2870 2270
9 600 0 -600 9 600 640 40 9 600 1500 900
10 600 0 -600 10 600 930 330 10 600 430 -170
11 * * * 11 * * * 11 600 530 -70
12 600 0 -600 12 600 620 20 12 * * *
合計 5400 4680 -720 合計 4800 4830 30 合計 6600 10380 3780


*印は適用外レース。


実際の購入レースは36レースの内、28レース。

的中:19レース

的中率:67.8%

購入額:16800円

払戻し:19890円

利益:3090円

回収率:118%


この結果を見て、どう判断されますか?


28レースもやって、たった3090円では・・・。

儲けが少ない!

回収率が悪い!



と、思われる人は、残念ですが競馬情報商材に騙されやすい人です。

よく考えてください!

例えば、回収率1500%などと万馬券の的中をページに記載して、自慢している競馬情報商材があるとします。

万馬券を当てれば回収率は優に1000%以上となりますが・・・・そのレースに限ればの話です。

(ちなみに、例の新潟8レースの回収率は478%、しかし、全体を通すと118%・・・これが現実です。)

その万馬券を取るまでにどれだけの不発があったのか、それを全て見せないと、真の回収率は分かりませんね。


競馬を少しでもやれば、すぐに分かるのですが、的中率と回収率は相反するようなところがあります。


的中率を上げようとすると、寺銭25%の法則で、限りなく回収率75%に近づいていきます。

逆に回収率を上げようとすると、大穴狙いで的中率はドンドンと低くなっていきますね。



騙されやすい人は大穴を狙って、毎回、外れで資金が底をつくのが目に見えてきます。

たとえ、当たってもその後は長続きせず、結局、その儲けも吐き出してしまいます。


実は、これは私の昔の事なんですよ。


さすがに騙されることは無かったですが、配当の低いレースをバカにし、穴狙いでした。

当然のごとく、的中率が悪く、中々当りません。

当たらなければ競馬への情熱も冷え、自然と競馬から去って行ったのです。


やはり、競馬は当たらなければ楽しくありませんね。




ここで話を元に戻します。

3会場の回収率が、この例では100%を越えています。

ただ、これは運の良い例で、このように全ての適用レースに手を出すのは感心しません。

ここでも、適用レースをある基準で選別すると、手掛けるのは28レースから大幅に減ります。

そして、的中率・回収率とも上昇する傾向になります。

つまり、


レースを絞ることで無駄な出費が押さえられるのです。




資金管理


また、競馬では馬券を購入する技術の他に、資金管理が重要ですね。

資金管理を疎かにしては、勝ち組にはなれません。

資金管理は直接には馬券購入術には関係ありませんが、GGワイド馬券術その方法を記載しています。


資金管理を行うことで、競馬に対する意識が高まり、結果的に好成績につながります。



ワイド万馬券


ところで、ワイドでは万馬券は無理だなぁ・・・と、お考えでは。

大丈夫です!


ワイドでも万馬券が取れますよ。


GGワイド馬券術では、そんな方法も記載しています。

これはGGワイド馬券術とは違いますが、気楽に万馬券がゲットできる方法です。

GGワイド馬券術と併用しながら、このワイド万馬券にも挑戦できます。


これだけでも、一読の価値がありますね。



三連複への応用


さて、賢明な皆様なら、もうお分かりですね。

ワイドと三連複とは密接な繋がりがあります。

三連複を分割すればワイドに

ワイドが合体すれば三連複へ

そう!


このGGワイド馬券術を応用して、三連複が狙えます♪


購入点数は少し増えますが、高配当が期待できます。



他の情報商品


さて、ここら当りで、他の情報商品では多くの特典を述べてますね。

そして、返金保証を付けているものもあります。

確かに返金保証があれば、試しに買って気に入らなければ返せばいいとばかりに・・・。

購入しやすい気になりますが・・・。


しかし、これはくせ者です。


と、いうのは返金に際し、証拠を求められますね。

この証拠を作るのが大変で、たとえあったとしても、まず間違いなくはねられます。

現物商品で証拠無しの無条件返金保証なら問題ないですが、ダウンロ−ド商品では見た事がありません。

まず、買ったらその金額は戻って来ませんね。


そんな訳で、GGワイド馬券術は、皆様を騙すような返金保証はお付けしていません。

つまり、冷やかしでなく、本当にこの方法を試して見たい方に購入して頂きたいのです。




特典


また、特典ですが、他に何も無いのでこれも付いていません・・・。


が・・・。


んっ!・・・あっ!・・・


一つありました♪


それは、途中で述べた競馬場ごとに詳細にレース分析をして、作成した効率の良い馬券購入法です。

これは「黄金枠」という名前で、既に完成していました。

しかし、実戦ではうまく行きませんでしたね・・・。


そんな使えないものなんて、いらない!

そうですね・・・。


ただ、これは中央競馬10会場の過去のレースを分析して、その競馬場にて勝ちやすいレースと、馬券の種類が記載しています。


多少でも、馬券購入の参考にはなるかと思います。

まあ、参考にもならなければ無視して下さい。

あっても邪魔にはなりませんので・・・。



購入者の声



さて、ここらへんで購入者の声を載せて、商品に箔を付けたいところですが・・・。

しかし、新商品に付き、まだ購入者はいません。

このような商品販売では購入者の声を多く載せ、安心感を持たせるのが王道ですが・・・。


それにしても、新商品にも関わらず多くの声が載っています・・・これって不思議ですね!

一体、誰が買ったんでしょうか?


ところで、購入者の声ですが、面倒なことが嫌いですので、

たとえ、皆様よりお声(批判99%+お情けの同情票1%)を頂いても、

今後、それを載せる予定はありません。

皆様も、そんな声を書くぐらいなら、その時間をもっと有効に使ってください。


他人の声など無視して、ご自身の声で判断してくださいね。




よくありそうな質問


また、皆様の質問ですが、これもいちいちお答えするのが面倒ですので、予め質問されそうなことを述べます。



Q:儲かりますか?


単刀直入で、率直な質問ですね!

それでは,

ズバリお答えします。


儲かりません!!


これでは、実も蓋もありませんね。

それは、適用レースを選別せずに1日何十レースも行えば、回収率を100%以上確保するのは難しく、しいては儲からないと言うことです。

テキスト記載の選別で、レースを絞ることで回収率が上がり、それが、しいては儲けに繋がりますね。



Q:使用する環境は?


オッズが常時見れる環境が必要です。

おすすめはJRA−VAN−NEXT(有料)ですが、オッズが見れればどれでも構いません。



Q:馬券の種類は?


ワイド6点買いです。

条件によっては、それ以下の点数のときもあります。



Q:馬券を購入する時間は?


締切り間際が理想ですが、間に合わない恐れもあり、5分〜10分前が良いです。



Q:と、言うことは、前日の購入は無理ですか?


前日と当日に、あまりオッズの変動が無いようなレースなら構いません。

前日に大量の投票が見込まれるGレースが、それに相当します。



Q:地方競馬でも使えますか?


使えます。

ただ、頭数が9頭以下のレースは妙味が少ないですので、お勧めできません。



Q:レースの予想を教えてもらえますか?


教えるということは、メールか電話で連絡することですか?

そんな面倒なことは、できません。

あくまでも自分の責任で馬券を購入してくださいね。



Q:GGって何?


爺爺(じいじい)の略です。

スミマセン他に思い当たらなくて・・・。

別段、他に深い理由があるわけではございません。



まだまだ、質問があるかと思いますが、思い付きませんので、ここで打ち切ります。



期間限定



さて、最終段階のここらあたりで、情報商材の多くが、

今なら、期間限定で30%割引とか、

先着●●人様に限り、1万円OFF!

などと、皆様を煽るような文章が羅列しますね。

最後の一押しで、買うのは今しかないと、動機付けさせる作戦です。

もちろんですが、


本商品については、そんな皆様を煽るようなことは致しません。


時間はたっぷりありますので、気の済むままお考えください。

なんせ、大事なお金を注ぎ込むのですからね。



今、あなたが競馬でそこそこの成績を収めているようでしたら、このGGワイド馬券術は不要です。

また、他の情報商品も不要です。

決して手を出さないでください。

間違いなく失望されます。



ただ、現在の成績が不満足で、何かキッカケを掴みたいと、思いなら、

一度このGGワイド馬券術を検討してみてください。


あせらずにジックリと検討してくださいね。

このGGワイド馬券術は24時間、いつでも直ぐに購入できます。





最後にもう一度、GGワイド馬券術の特徴を述べます。


◆適用/除外レースの判断は一発で分かります!

◆買い目は6点のみで、条件によってはそれ以下の買いもあり。

◆オッズのみで、買い目を選出。所要時間はほんの数分!

◆三連複への応用も可能。

◆気楽にできるワイド万馬券ゲット法記載。

◆面倒な計算は一切不要!




◆商品名:GGワイド馬券術

◆内容:A4/35ページ(PDF)

◆特典:黄金枠による馬券購入術 A4/55ページ(PDF)

◆価格:8888円(税込)



購入はこちらから



ご注文後、入金が確定しましたら、購入者マイページから商品をダウンロードしてください。

直ぐに始められます。




ご注意

このような情報商品は絶対儲かります、とか、必ず利益が出ますなどの言葉は厳禁です。

当商品は、よくありそうな質問で、儲かりません、と、うたっています

始めからお読みの皆様は、当然、理解されていると思いますが、一応、念のため記載します。

「ギャンブル関連商品についての注意書き」

「本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を 保証したものではございません。」